鳥の被害は鳩対策から

熊を捕まえる

撃退グッズでは対処しきれない鳩

例えば鳩は糞尿被害だけでなく、人間に「鳴き声」の被害をもたらします。鳩がオフィスや住宅の近辺に棲みついたせいで、そこにいる住人のメンタルに大きなストレスをもたらす事もあるのです。鳩被害が発生した場合、早期に駆除に乗り出すようにしましょう。特に市販のグッズでは駆除しきれなかった場合、専門業者に駆除を依頼する事が大切です。鳩の駆除を専門業者に依頼した場合、35,000円〜50,000円ほどで請け負ってもらえるのが一般的です。グッズにお金をかけるより、安上がりに済む事もありますので、考慮してみましょう。

駆除方法の多様性を知った上で選ぶ

現在、害鳥の命を傷付けず、それらを人間の生活圏内から撃退する方法は多用に開発されています。中でも有名なのは、鳩がとまるポイントに微弱電流を流す事で寄せ付けないようにする駆除グッズです。特に鳩がオフィスやマンションの高所に出没する場合、捕獲に乗り出すのは大変危険です。一方、命を奪わない程度の微弱電流が流れるようにしておけば、鳩が集まれなくなりますので大変有効なのです。害鳥よけのネットなどでは効果が出なかった場合、駆除専門業者に依頼して、こうした対策を施してもらいましょう。電流の他にも、鳩の足場を奪うピンを設置する事で、鳥を追い払えるグッズが存在しています。どのような方法で鳩を追い払ってもらうか、あらかじめ相談すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加