自分で蜂対策できるか

駆除を任せる

蜂の退治にかかる事項

蜂を退治する方法は様々ありまして、また人によっても異なります。その中の一つとして、ペットボトルに水を入れて、鉢がいるところに置いておくと、自然に蜂がペットボトルの中に入っていき、その間に蓋を閉めてしまう方法があります。数が少ない場合は有効でありますが、大量に蜂がいる場合はこの方法は適していません。このような方法はごく一部であります。このように簡単な蜂の退治方法はありますが、よく見る蜂のアシナガバチはメスに気をつけないといけません。その理由は雄は針を持っていないからであり、蜂退治をする時のポイントとなるのはメスに対して有効であるかどうかに関わるのです。

習性を知って対応すること

蜂の退治に関しては習性を知らないといくら退治してもまた蜂の巣を作られてしまいます。習性とは、蜂は暖かい時期しか行動はしません。時期としては4月から9月にかけてもっとも活発に動きます。また、1日の行動時間は、朝から夕方にかけてもっとも動きます。夕方からは1日の疲れを癒すために巣の中で休んでいます。このことから、夕方以降に、退治することがもっとも安心で襲われる可能性が薄いと考えられています。むやみに昼間に退治しようとすれば逆に襲われる可能性が高まるということになります。自身でできない場合は、専門業者に依頼することも今替えの中の一つでしょう。専門業者であれば、安全な形で蜂の退治を依頼することができるようになっていますし、駆除後のアフターフォローもしっかりしているから安心してお任せできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加